Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


海外ドラマ: テレビドラマ: テレビ・ラジオ: ドラマ

[海外ドラマスペシャル] 24: Redemption(リデンプション) -3:00 P.M. & 5:00 P.M.- (あらすじ・後半)

<< あらすじ・前半

-PM 4:00-
ワシントンでは、ロジャーの元を訪れたクリスが、ロジャーの護衛の"エドワード・ヴォスラー"からのボディチェックを受けていた。クリスはロジャーに、上司のニコルスから指示された資金洗浄に関して、テロリストが関わっていることを知ってしまったと打ち明けるが、ロジャーは薬物依存症のクリスの言う事がいまいち信じられない。事件に関わったクリスは、ロジャーの母アリソン・テイラー大統領から恩赦を受けたいと示唆し、取引記録の証拠を後からメールで送ると約束する。

-PM 4:04-
反乱軍のキャンプにジュマ将軍が到着した直後、イケ・デュバクの元に弟のユッスゥが殺されたと連絡が入る。反乱軍の検問所で捕まったソーレンスは、ジャック達の居所をあっさり吐いてしまう。

-PM 4:06-
子供達を連れて大使館を目指していたジャックとカールは、ユッスゥらから奪った無線で反乱軍が自分達を追っていることを知り、スクールバスを乗り捨てて、目立たないよう森の中を歩いて行くことにする。

-PM 4:12-
テイラーとダニエルズは大統領執務室内で、政権委譲に関して話し合っていた。テイラーは去り際に、酒の入ったダニエルズから大統領の責務の重さに関して忠告される。テイラーは、とりあえず挨拶して執務室をあとにする。

-PM 4:22-
自宅に戻ったクリスは、パソコンから取引記録を読み出そうとするが、寝室の方から怪しげな物音を聞く。寝室に誰もいないのを確認してパソコンデスクへ戻ると、そこには見知らぬ男が座っていた。男は取引記録についての質問を続けるが、動揺したクリスはまともな会話が出来ない。男の拳銃に気付き、ただならぬ雰囲気を感じたクリスは、その場をやり過そうとするが、もう一人の男が現れ、拷問されてしまう・・・。

就任式場にロジャーを送り届けたヴォスラーは、隙を見てクリスを拷問している仲間と連絡をとる。(エドワード・ヴォスラーはホッジスの仲間だったのである。)

-PM 4:32-
ジャック一行が森の途中の川辺へ出ると、カールはジャックに感謝の意を伝え、あとは別れて(アメリカ政府に見つからないよう)国境を越えて行くよう言う。しかし、別れの時・・・かに思ったその時、イケ・デュバクが乗ったヘリに見つかってしまった!

一行は銃撃から逃れて森を進むが、デュバクもすぐに着陸して追って来る。森を進んでいる途中、ウィリーはジャックから貰ったスカーフを落としてしまったことに気付く。カールの静止を他所に、スカーフを取りに戻るウィリー・・・。その時、カールはウィリーの足元に地雷があることに気付く!! 急いでウィリーを地雷から離れるように弾き飛ばすが、この際、カールが地雷を踏んでしまった・・・。一歩も動けなくなってしまったカールの足元を必死に掘り出すジャック・・・。しかし、カールは自らの命は諦め、ジャックに対して自分の変わりに子供達の身元引受人となって欲しいと頼む。カールを残し、ジャックと子供達は大使館を目指す。

-PM 4:40-
森を進む一行。ようやく市街地が見えてきた時、追って来るデュバク達を巻き込んでカールが自爆した際の爆発音が鳴り響き、ジャックはカール命を懸けて守ってくれたのだと悟る・・・。

-PM 4:47-
市街地を歩いて大使館を目指している途中、ジャックはトーマスに身元引受人になって欲しいと頼み。自分はアメリカに帰らないと言い出す。

カールの死に動揺するウィーリーをなだめて、再び進みはじめたジャックは、街中を歩く人ごみの中に反乱軍らしき男が銃に手を伸ばすのを確認する。子供達を隠して、すかさず側にいた反乱軍らを倒したジャックだが、そこには銃を持った子供が立っていた・・・。何かにとり付かれたように銃口を向けてくる子供を必死に説得するジャックだが、子供は車の陰のウィーリー達やアメリカ軍のヘリの音に驚き、銃を置いて去ってしまった。

大統領就任式がはじまろうとしているワシントンでは、ロジャーがクリスからのメールを待っていたが、その頃、ウィリーはもう・・・。

アリソン・テイラー次期大統領が到着したそのすぐ側には、ホッジスが招待客として来ており、クリスの件についてヴォスラーから報告を受ける。さらに、クリスの友人であるロジャーにも警戒するようヴォスラーに命じる・・・。

-PM 4:53-
大使館についたジャックは、フランクに事の成り行きを話してカールから託された書類を渡すが、フランクは、身元引受人であるカールがいなくては書類の効果は無いので、ジャックが召還令状に応じるなら譲歩すると言い出す。子供を守るため、選択の余地の無くなったジャックはアメリカに戻ることを決意し、子供達とともに大使館の地に踏み込んだ瞬間、ジャックは拘束されてしまう。

ワシントンでは、大観衆の中、アリソン・テイラー大統領の就任式が進んでいる。

大使館から飛び立ったヘリの中で、手錠を掛けられてしまったジャックを慰めるウィーリーにそっと微笑むジャック・・・。



そして物語は次のシーズンへ・・・



[24: Redemption(リデンプション) 主な登場人物]
◆サンガラ(アフリカ)
ジャック・バウアー:24シリーズの主人公。CTUの元捜査官。
カール・ベントン:ジャックとともに特殊部隊に所属していた。小さな学校を営む。
フランク・トラメル:アメリカ国務省の役人。サンガラ大使館に勤務している。
ウィリー:戦争孤児となり、カールの学校に通っている。
デズモンド:カールの学校に通っている少年。内緒でサッカーをしに行くが・・・。
ベンジャミン・ジュマ:反乱軍のトップ。大量虐殺の首謀者。
イケ・デュバク:反乱軍の司令官。
ユッスゥ・デュバク:デュバク大佐の弟。兄の補佐役。
チャールズ・ソーレンス:カールの学校を支援している国連の職員。
トーマス:カールの学校の手伝いをしているアフリカの青年。
マトボ:サンガラの首相

◆ワシントンD.C.(アメリカ)
ノア・ダニエルズ:アメリカ合衆国大統領。ウェイン・パーマーのあとを受け継いだ。
トーマス・レノックス:大統領主席補佐官。パーマー政権から続投中。
アリソン・テイラー:次期アメリカ大統領。女性初のアメリカ大統領(24でのお話)
ヘンリー・テイラー:アリソンの夫。こちらも初の「Firstジェントルマン」
イーサン・ケニン:次期大統領の首席補佐官。元国防長官。
ロジャー・テイラー:テイラー次期大統領の長男。
クリス・ウィトリー:ロジャーの友人。クスリのクリス。
サマンサ・ロス:ロジャーの恋人。ロジャーとクリスの仲を良く思っていない。
ジョナス・ホッジス:民家軍事産業に関わる実業家。
エドワード・フォスラー:シークレットサービス。ロジャーの身辺警護役のはずが・・・。

24: Redemption(リデンプション)の英語版DVDには、Redemption本編に入る予定だった(あるいは入りきらなかった)未公開シーンや、24シーズン7の冒頭十数分がまるまる収められています!この未公開シーンによって今後の話がややこしくなりますが、おそらく日本語版DVDにも収録される模様(たぶん)。

海外ドラマ: テレビドラマ: テレビ・ラジオ: ドラマ

[海外ドラマスペシャル] 24: Redemption(リデンプション) -3:00 P.M. & 5:00 P.M.- (あらすじ・前半)

サンガラ(アフリカ)では、ベンジャミン・ジュマ将軍率いる反乱軍が、幼い子供を連れ去って使い捨ての戦闘兵を増やし続け、今にもクーデターを起こそうとしていた。何も知らない子供達は、洗脳されるがままに・・・。

[PM3:00からPM5:00までの出来事]

-PM 3:00-
ジャックの旧友の"カール・ベントン"が営む小さな学校に通う"デズモンド"は、規則に反して友達とサッカーをしに出掛けてしまう。弟の"ウィリー"はデズモンドの誘いを断るが、他のみんなが国連の配給車に夢中なのをよそにジャックの寝床に侵入し、ジャックの持ち物を物色しはじめる。バックの中から1本のナイフを懐に隠し、バックから出てきた女性用のスカーフに見惚れていると、ジャックが現われた。驚いたウィリーは、スカーフのことや今後のジャックの身の振り方についての話をして紛らわすが、結局、ナイフは取り返されてしまった。その代わり、(ジャックが例の愛娘にあげる予定だった)スカーフは簡単に貰うことが出来た。

ウィリーとのやり取りを終えると、ジャックの元に議会からの(過去の拷問行為=「水責め」に関する)召還令状を持った"フランク・トラメル"がやって来た。これまでも召還礼状を無視してきたジャックは、フランクを冷たくあしらい、連れ戻したければ力ずくで捕まえに来るよう言って配給車の荷物下ろしを手伝いに行ってしまった。さすがに(ジャック相手に)実力行使では危険だと悟ったフランクは、カールに対して、ジャックが戻らなければ(アメリカから)学校への援助を出来ないようにすると圧力をかけ、召還礼状をカールからジャックに渡すよう言う。

アフリカの青年"トーマス"らとともに荷物下ろしを手伝うジャックに対し、国連職員の"ソーレンス"
はジャックの過去について挑発的な問い方をしてくるが、無視。

-PM 3:10-
その頃反乱軍では、兵力不足を補うため"ユッスゥ・デュバク"が少年を誘拐しに出掛ける。

反乱軍の支援者"ジョナス・ホッジス"は、ワシントンから衛星電話で、自分の会社の民間兵を提供する用意があると"イケ・デュバク"に伝えるが、デュバクは拒否する。

ホッジスはこの案件に関して、合衆国に自身の関与を示す証拠が残らないよう金融マンの"ニコルス"に指示する。ニコルスは部下の"クリス・ウィトリー"を呼び出し、海外口座の送金記録を抹消するよう指示するが、クリスは何か腑に落ちない様子・・・。

ジャックの件でとばっちりを受けたカールは、本人に令状の話を切り出す。ジャックは、カールがフランクに脅されたことを悟って、学校から出て行く決意をするが、カールは、生き方に悩み続けるジャックの手助けしたいとさえ言ってくれた。それでもジャックは、サンガラを出る決意を変えず・・・。

-PM 3:17-
配給車のそばで、トーマスとソーレンスがジュマの動きに関する憶測で言い争う。間に入ったカールは、デズモンド達が内緒でサッカーに出掛けていたことを知り、心配したカールはデズモンド達を探しに行くことに・・・。

街の近くの広場でサッカーをしていたデズモンド達の元に、ユッスゥ・デュバクが武装兵を連れて誘拐しに来た。子供達はあっという間に囲まれてしまうが、デズモンドとジェームズは隙を突いて逃げ出そうとする。しかし、追ってきた武装兵に後ろから打たれて倒れこんでしまった・・・。生きた子供達を必要としているデュバクは、デズモンド達は死んだと判断し、残った子供だけを連れ去る。

-PM 3:26-
TVニュースで"アリソン・テイラー"とノア・ダニエルズ大統領が政権委譲に関して会談している様子が伝えられはじめた頃、ワシントンでは、息子の"ロジャー・テイラー"の元に友人のクリスから電話が入り、後から会う約束をする。

夫の"ヘンリー・テイラー"とともにホワイトハウスにいたテイラー次期大統領の元に、現大統領の主席補佐官であるトム・レノックスから、サンガラのクーデターに関する情報が入る。ダニエルズは、国益が伴わないサンガラへの軍事介入には消極的なのに対し、テイラーは大量虐殺を阻止したいという主張のまま話は平行線・・・。

-PM 3:33-
デズモンド達がサッカーをしていた広場に着いたカールは、近くの川のほとりでジェームズの死体と、辛うじて生き残ったデズモンドを見付ける。

サンガラを去り、アメリカ政府から逃れるための身支度をしていたジャックに、ウィリーが一緒に出て行きたいと頼むが、即却下。別れの時・・・かに思ったその時、カールから電話があり、武装兵が学校へ向かっているという情報を聞く。そして、カールは出発直前のジャックに、学校にいる子供達を守って欲しいと頼む。ジャックは(一応)援軍を要請するよう言ったが、大使館とは連絡がつかず、結局(いつも通り)、ジャックが一人で武装兵らを向かい撃つことに・・・。

子供達とソーレンスをシェルターに隠した直後、ユッスゥ・デュバクが武装兵を連れて乗り込んで来た。自動小銃とロケット弾を持った部隊に、短銃とTNT爆弾で応戦するも、あと少しのところでジャックは捕まってしまった。

学校に着いたカールは遠くから偵察するが、その時にはもう、ジャックは子供達の居場所を教えるようデュバクに拷問されようとしていた・・・。

-PM 3:49-
サンガラのアメリカ大使館では、クーデターを前にアメリカ市民を避難させるためのヘリが次々と飛び立っていた。フランクはカールから援軍要請の連絡を受けるが、カール達の方から大使館へ来いとだけ言う。

拷問に耐え続けていたジャックは敷地の外にいるカールの存在に気付き、子供の居場所を教えると嘘を付いてデュバクの仲間をカールの元に送り込む。そして、デュバク達を片付けた二人は、子供達を連れて街の大使館に向かうことに・・・。


あらすじ・後半 >>


24r_jb-at.png


海外ドラマ: テレビドラマ: テレビ・ラジオ: ドラマ

Appendix

「24-TWENTY FOUR-」とは?

・24時間の内に起こる様々な出来事を、1つのエピソードにつき1時間、計24エピソードでまとめたサスペンス×アクションドラマ。リアルタイムの"流れ"を売りにしているところなど、これまで馴染みの薄かった形式のドラマである。
・主人公ジャック・バウアーは、このドラマ独自の政府組織「CTU」に所属し、少ない手がかりから主にテロ事件を阻止するという任務を遂行していく。アメリカ合衆国に忠誠を誓っているジャックは、自分の使命と現実との間で苦しみながらもテロリストと戦う。
・1つのシリーズ毎にみても、日本で放送されている一般的なドラマの2倍以上の長編作であるため、"24中毒"には注意が必要である。
・製作及び配給元のFOXとジャック・バウアー役のキーファー・サザーランドとの間ではシーズン8までの契約があり、2008年秋にはシーズン6とシーズン7とを繋ぐドラマスペシャルが放映され、2009年1月からはシーズン7がはじまった。同年5月には、シーズン8の撮影を開始することが発表されており、その後は24シリーズの集大成をスクリーンで上映することが計画されている。

24 シーズン7 主な登場人物

ジャック・バウアー
・このドラマの主人公
・CTUの元捜査官。元デルタフォース
・命令及び規則を無視し、時には度を越えた尋問を行ってでも事件の手掛かりを追う。
クロエ・オ・ブライアン
・CTUの元上級アナリスト
・ジャックの親友。日本でも大人気
トニー・アルメイダ
・CTUの元捜査官
・ジャックの親友
・殉職したと思われていた。
レネー・ウォーカー
・FBIの女性捜査官
アリソン・テイラー
・女性初のアメリカ大統領
(24シーズン7の中での話)
ビル・ブキャナン
・CTUロサンゼルス元支部長
ラリー・モース
・FBIの捜査官
ジャニス・ゴールド
・FBIの職員
ショーン・ヒーリンガー
・FBIの職員
ヘンリー・テイラー
・アリソンの夫
「Firstジェントルマン」
イーサン・ケニン
・大統領首席補佐官
・元国防長官
モーリス・オ・ブライアン
・CTUの元上級アナリスト
・クロエの元夫
キンバリー・バウアー
・ジャックの娘
・トラブル女王

Next CTU 管理人

・ニックネーム:OX
・連絡:Shit!。

外部リンク

FOX
・24配給元 / FOX公式サイト
・○○を使えばオンデマンド視聴可
24Fans.net
・24シリーズのファンサイト
・予告編等の視聴が可能
Wiki 24
・24シリーズのWiki
・裏話、設定等、まとめ
Torrent Downloads
・人気トラッカーサイト
AnySubs.com
・字幕ファイル保存サイト

ソフトウェア(無料)

[動画再生方法]
VLC media player
①Windows・Mac・Linux対応
②日本語対応
③コーデック標準装備
④字幕ファイル標準サポート
[トレントファイルダウンロード方法]
Azureus
①Windows・Mac・Linux対応
②日本語対応
③プラグイン多数
[ストリーミング視聴方法]
TVUPlayer (Windows XP&Vista)
[ダウンロード動画視聴方法]
DivX - 必須コーデック
[字幕ファイル(.srt)再生方法]
VobSub (Windows All)
[高速インターネット]
次世代ブラウザ Firefox
(Windows・Mac・Linux対応!!)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

・ リンクやトラックバック、転載等は許可不要かつ自由です
Copyright (C) 2009 Next CTU All Rights Reserved.

ロト6ロト6 ナンバーズ3ナンバーズ3 クレジットカードクレジットカード RMTRMT 債務整理債務整理 旅行券温泉旅行券カタログギフト 総合広告制作-(株)クレヨン総合広告制作-(株)クレヨン
ホームページ作成ホームページ作成 無料 アクセス解析無料!アクセス解析でSEO対策! 会社設立・独立起業会社設立・独立起業 掃除代行掃除代行
  1. 無料アクセス解析